培養上清液

歯髄幹細胞培養上清液を使った歯科治療

培養上清液とは

近年治療として動き出した「iPs細胞」や「ES細胞」を使った方法は、自分の皮膚から細胞を取り出し、そこに遺伝子の操作を加えていくと人為的に作られた万能細胞であると言われています。
一方で「幹細胞治療」は、自分の細胞を取り出して培養して戻す自己複製能力を期待した治療です。この治療には医療機関として時間と費用がかかります。また厚生労働省の認可が必要です。
そして近年注目されているのは、「培養上清液」を使った治療です。
生きている状態の幹細胞は、組織修復に必要な細胞増殖、血管新生、免疫調節に関わる「生理活性物質(サイトカインなど)」と呼ばれる様々な種類の生理活性タンパク質を放出しています。幹細胞を培養すると、培養液中に「生理活性物質」が大量に分泌されます。この培養液から幹細胞を取り除いた上澄み液が「培養上清液」です。
「培養上清液」は「幹細胞治療」と変わらない効果が得られながら、患者さんにとって負担の少ない費用で治療が受けられます。
生理活性物質は、体内の組織や細胞の傷や機能を回復させる役割があり、内科、整形外科、形成外科、そして歯科分野での効果が期待されています。

培養上清液とは

どのような種類があり、歯科治療にはどれが有効か

幹細胞培養上清液には、元となる幹細胞により「歯髄」「脂肪」「臍帯」「骨髄」が主なものとしてありますが、アットマークコンサルでは、抗炎症作用、幹細胞誘導作用、細胞保護作用、血管再生作用など組織再生に有効性が高く、歯科治療に向いている日本人のヒト乳歯から採取した「歯髄」を培養した上清液“StemSup”を提供しています。

培養上清液で期待できる歯科治療への効果

  • 歯科における治療効果が期待される疾患
  • 顎骨壊死
  • 歯周病
  • 関節炎
  • 神経系の痛み

であるため、

  • 『顎骨』に対して早期の再生
  • 『歯肉粘膜』に対して早期治癒、炎症の抑制

が期待できます。

StemSupである理由

生理活性物質(成長因子)の量が違う

現在、様々な培養上清が流通していますが、培養上清中に分泌される有用な成長因子や、サイトカイン、エクソソームなどの生理活性物質の質や量は製造技術によって大きく異なります。

他社製品との比較(HGF)
他社製品との比較(VEGF)

日本バイオセラピーより引用

生理活性物質(成長因子)とは

EGFしみ・くすみ改善・ターンオーバー促進肌の上皮などさまざまな細胞の成長・再生・修復に関与し、皮膚のターンオーバーを促し、くすみの予防に効果を発揮する。
EPO赤血球の産生促進効果骨髄中幹細胞に作用し、赤血球の産生を促す造血因子。
FGF2皮膚老化抑制・コラーゲン産生促進真皮の線維芽細胞の分裂を活性化させ、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を増やす。
GM-CSF血液系細胞の産生促進作用多能性造血幹細胞に分化を促し、免疫調節因子としても機能する。
HGF組織再生タンパク質の合成、炭水化物の変換、外性物質の解毒・排出に関わる幹細胞を増殖するよう促す。
IGF肌の弾力アップ・皮膚再生・育毛壊れた細胞の再生を助ける作用により、新しい皮膚の細胞を生み出し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増殖する。
IL-7免疫系増強細胞増殖を促進し、生存・増殖・成熟に重要な調節因子。
KGF育毛・発毛分裂を促進し、髪の毛や皮膚が形成される際に必要なケラチンの生成をアシストする。
LIF血小板産生促進作用白血病細胞の増殖を阻害する因子。骨代謝や造血細胞の増殖などを促す。
PDGF細胞の増殖・細胞分裂促進間葉系幹細胞の増殖を調整し、組織のダメージを修復・再生する助けをする。
PGE2育毛・発毛毛上皮細胞の増殖・活性化に作用し、育毛や発毛を促す。
TGF-β抗炎症・創傷治癒細胞の増殖・成長や運動性を調整し、ダメージ部分の治癒や炎症や免疫機能にも役割を果たす。
TIMPしわ・肌の劣化抑制MMP(タンパク質を分解する酵素の一種)によるコラーゲンやエラスチンの分解を抑制する。
TPO血小板増加作用血液系細胞の増殖および分化を促進し、血小板の増加を促す。
TSG-6抗炎症作用・軟骨保護作用炎症を抑えるほか、動脈硬化に対する治療薬として着目されている成長因子。
VEGF育毛・発毛細胞の分裂を誘導し、もとある血管から枝分かれした新たな血管の形成に働く。毛乳頭細胞においては血行を改善し育毛を促す。

日本バイオセラピーより引用

◆Exosome:エクソソーム(様々な組織修復の促進)

細胞から分泌される顆粒状の物質。近年、エクソソームを用いた様々な疾患に対する新規治療法が注目され、多くの研究機関や大学病院で研究が進んでいます。
エクソソームには、メッセンジャーRNA(mRNA)、マイクロRNA(miRNA)などの核酸が含有されており、これらが全身の細胞に作用して調整をおこない、組織修復を促す効果があります。

高い品質管理

日本国内にある細胞加工施設において、いくつもの検査項目を実施し、製造ロットごとに含有する生理活性物質を測定、品質と安全基準をクリアした製品のみ出荷しています。

検査項目:一般細菌・真菌・マイコプラズ・HBV・HCV・ HIV・HTLV・EBV・CMV・ParvoB19・HSV・VZV・HHV・ADV・BKV・HPV・JCV・エンドトキシンの陰性確認

動物由来の培地を使っていない

「細胞培養加工の工程で作製される培養上清液」を用いた治療のリスクとして言われるのが、動物血清を使用した培地に起因するリスク及び細胞培養加工の工程においての不純物の混入のリスクです。
StemSupは動物血清を培地として使用していません。

他社製品との含有不純物
(ウシ由来タンパク)の比較

日本バイオセラピーより引用

まとめ

  1. 日本人ドナーに限定した新鮮な原材料
  2. 日本国内で厳格な品質管理の元に高い品質で製造
  3. 安全性を支える高い検査基準

検査項目:一般細菌・真菌・マイコプラズ・HBV・HCV・HIV・HTLV・EB・ParvoB19・HSV・VZV・HHV・ADV・BKV・HPV・JCV・エンドトキシン

お問い合わせ、購入方法

価格

お問い合わせください

納期

ご注文から最短で2日間

培養上清液の製品

製品単位1mLバイアル
保管方法1mLバイアル
届出不要再生医療等安全性確保法の対象ではなく、厚生局への届け出は不要です。当製品は研究用試薬です。
  • ホーム
  • 会社概要
  • サービス
  • ポイックウォーター
  • お問い合わせ・よくある質問

〒143-0016 東京都大田区大森北1丁目31-5大森大東ビル403

Phone:03-6459-6791